東京建物シニアライフサポート株式会社

特長.1 コンシェルジュによる生活支援サービスの提供

各物件毎に主にフロントで対応するグレイプスの顔となる存在です。
面談や日々の積極的な関わりを通して、その方の困っている事を日々のサービスの中で解決していきます。

ご入居者様→コンシェルジュ:お客様のニーズに応じて関係各所とのパイプ役を担います→ご家族、地域(町内会・自治会・ボランティア・NPO 等)、SLSやさしい手ツクイ(訪問介護、居宅支援、デイサービス 等)、地域医療機関(かかりつけ医(訪問診療)・訪問看護・地域の連携病院・調剤薬局 等

1.まずは知ることから

お名前、お顔はもちろん、ご家族やその方の生活スタイルを「知る」ことで、より心の行き届いた介護サービスの提案、暮らしのサポートができると私たちは考えています。

  • 健康状態の把握
  • 緊急カードの作成・管理
  • 家族への近況報告

2.頼られる存在になるために

「困ったことをまず聞いてくれる」、そんな存在でありたい。医療機関のご紹介などはもちろん、住まいの不具合等へも親身になって対応できる存在を目指しています。

  • フロントサービス
  • 定期面談
  • 日常生活・医療・介護に関する相談やアドバイス

3.安心を提供する

「緊急時に駆けつけてくれる」「体調の変化に気づき、声をかけてくれる」。そんな存在でありたいと考えています。

  • 館内見回りや緊急呼出ボタンへの対応
  • 安否確認

4.つなげる

自分らしく生きることを楽しんでいただきたい。そのために、ご入居者間によりよい関係を築き、その方のための居場所をつくるためのお手伝いがしたい。それもコンシェルジュの役割です。

  • アクティビティの企画・開催や情報発信
  • 地域情報・地域交流の案内