東京建物シニアライフサポート株式会社

会社情報

東京建物は明治29年(1896年)の創業以来、120年の長きに亘り、「信頼を未来へ」という企業理念に基づき不動産を中心とする総合生活産業として事業を展開してきました。

私たちは、2009年に「グレイプス浅草」でサービス付き高齢者向け住宅を開発し、その運営を開始して以来、これまでシニア住宅事業に取り組んで参りました。この経験を通じて学んだことは、介護が必要な方はもちろん、元気な方であっても将来的な不安をお持ちであり、いざという時にも安心できる暮らしをお求めだということ、その上で自分たちの生活を楽しみたいとの想いをお持ちだということです。今後、そうしたお客様のニーズは益々強く、多様化していくものと私たちは考えています。

当社が展開するサービス付き高齢者向け住宅「グレイプス」は、高齢者に配慮した住宅として設計・開発されており、訪問介護事業所を併設しているため介護が必要になった場合でも安心してお住まいただけます。その上で、食事や介護などのサービスを必要に応じて選択できる自由度を備えており、まさに、多様化する高齢者の皆さまのニーズに対応することができる「新しい住まい」と言えるのではないでしょうか。

私たちは、このサービス付き高齢者向け住宅をプラットフォームとした豊かな生活を、より多くの高齢者の皆さまにご提供すべく、東京建物シニアライフサポートを設立しました。自由な住まい(ハード)と安心のサービス(ソフト)を一体的にご提供できることが当社の強みであり、ご入居者の皆さまにご評価頂けるよう、日々努力して参ります。

さらに、私たちは、ご入居者様に留まらず、地域にお住まいの方々にも介護サービスを展開することにより、現在、国で進めている地域包括ケアシステムの構築に寄することを目指しています。

東京建物シニアライフサポート株式会社

自由なくらし:ご自宅、安心のサービス:施設(特別養護老人ホーム有料老人ホーム)その中間にあるのがサービス付き高齢者向け住宅:ワンストップサービス(企画・開発、管理・運営、介護サービス)